基礎知識

医療アートメイクの値段が知りたい!料金相場やアートメイククリニックの選び方について解説

医療アートメイクの値段は、クリニックや部位によってさまざまです。少しでも費用を抑えて医療アートメイクの施術を行いたいと考えたとき、どうしても値段重視でクリニックを選んでしまいがち。

しかし、値段の安さだけでクリニックを選ぶと後悔する結果になるかもしれません。また、施術費用の他にも指名料や麻酔料などもかかってくるため予算が少ない方は注意も必要です。

今回は、医療アートメイクの料金相場やクリニックの選び方などを解説します。

医療アートメイクの値段はクリニックによって異なる

医療アートメイクの値段は、施術を受ける美容クリニックやアートメイククリニックによって異なります。そのため、施術を検討する際は複数のクリニックの値段を確認して比べてみましょう。

なお、医療アートメイクは完成までに2回以上の施術を行うことが多くなっています。そのため、医療アートメイクの値段は総額を確認することが大切です。値段が明確でなければ、直接クリニックに問い合わせてみてください。

  • 施術以外に必要な費用もある

    医療アートメイクは、施術費用だけではなく、初診料・指名料・麻酔料・カウンセリング代なども必要です。おおよその値段は以下のとおりです。

    項目 おおよその値段
    初診料 3,000円
    指名料 10,000円~
    麻酔料
    3,000円~5,000円
    カウンセリング料 無料~3,000円

    上記のように、施術費用以外にも支払う費用があるため、総額を計算する際は注意しましょう。

    特に、医療アートメイクは施術者の腕次第で仕上がりの満足度が変わってきます。気に入った施術者を見つけたら、毎回指名料を払ってリピーターになると良いでしょう。なお、指名料に関してはクリニックによって大きな差があるため、公式サイトなどで確認してください。

    医療アートメイクは、専用の針や機械を使って皮膚に傷を付けて色素を注入します。そのため、麻酔を利用して痛みを緩和させなければ施術は難しいのが実情です。麻酔料は、毎回の施術時に必要になると捉えておきましょう。

    カウンセリングに関しては、無料で行っているクリニックがほとんどです。費用がかかるとしても、3,000円程度が相場と考えておきましょう。

値段が安すぎる医療アートメイクに潜むリスク

実際に、医療アートメイクを行っている美容クリニックやアートメイククリニックの値段を比べてみると、大幅に安い値段設定のところもあります。あまりにも安い値段で施術しているクリニックは、思わぬトラブルに巻き込まれる恐れがあるためおすすめできません。

値段が安すぎる医療アートメイクに潜む、主なリスクについて見てみましょう。

  • 無資格者による違法行為

    医療アートメイクは、医師法17条に該当するため医師もしくは看護師の免許を持つ有資格者のみ施術が許されています。資格のない、無資格者による医療アートメイクの施術は違法行為です。

    医師法17条は以下のとおり。

  • 【医師法17条】
    ● 医師でなければ医業をしてはいけない
    ● 針を使って皮膚に色素を注入する施術は医師法が適用される

    実際、医師や看護師以外の無資格者が施術を行っている個人サロンやエステもあります。通常の美容クリニックやアートメイククリニックに比べると格安で提供しているため、費用をかけたくない方にとっては魅力的に見えるでしょう。

    しかし、無資格者によるアートメイクのトラブルは多く、後悔している声も少なくありません。麻酔が効かず強い痛みを感じながら施術を受けた方や、ガタガタのアイラインになってしまった方などがいます。

    後悔しない医療アートメイクを受けるためには、値段だけではなく医師や看護師による施術を受けられるクリニックを選択しましょう。

  • モニター価格の場合がある

    美容クリニックやアートメイククリニックによっては、初心者の施術者の練習モデルとして安く施術を提供している場合もあります。このようなモニター価格は、通常の値段よりも安く施術を受けられるため魅力的に見える方もいるでしょう。

    経験を積んだ医師や看護師のチェックなども入るため、大きなトラブルには起こりにくいと考えられます。しかし、初心者と経験者では施術の満足度などは変わってくるのが実情です。

    なかには思っていたようなデザインや色に仕上がらない場合もあります。モニター価格は魅力的ですが、初心者による施術になるため、失敗や満足度が低くなってしまうリスクがあることを忘れずに検討しましょう。

  • 施術後のアフターケアがない

    医療アートメイク後は、お肌に腫れや赤み、痛みなどが出てしまう患者様が少なくありません。なるべく早くお肌の状態を落ち着かせるためには、適切なアフターケアが大切です。

    アフターケアは、患者様の肌質などによっても適切な処置が異なります。クリニックによっては、肌質に合わせたアフターケアを提案してくれるところもあるため、不安な方は事前に調べておきましょう。

医療アートメイクの値段相場

ここからは、具体的な値段相場を部位ごとに紹介します。もしも、現在検討しているクリニックの値段が相場よりも極端に安い場合は注意しましょう。

  • 眉毛

    眉毛の医療アートメイクは定番であり人気部位です。眉毛は、施術メニューによっても値段相場が異なります。

    施術回数 値段相場
    施術回数1回 6~7万円
    施術回数2回 10~12万円

    施術回数1回のみだと6~7万円程度。施術回数2回になると10~12万程度が相場となっています。1回の施術では、色素が定着しにくいため基本的には2回の施術になると認識しておきましょう。

    また、施術者ランクなどでも大幅に値段が変わります。同じクリニック内でも、経験の浅い施術者だと1回2万円と安く通常の値段と5万円程度の差額がある場合も。
    このように、クリニックによって細かく値段が分かれていることがあるため注意しましょう。

  • アイライン

    アイラインは、上下入れる場合とどちらか片方のみの場合で値段が異なります。

    施術箇所 施術回数1回 施術回数2回
    上と下 6~7万円 9~10万円
    上のみ 4~5万円 6~8万円
    下のみ 4万円 5~6万円

    アイラインも、眉毛と同じく色素を定着させるためには2回の施術が基本となってきます。
    施術箇所は、なりたいイメージなどによって異なるため、詳しくはカウンセリングで相談してみましょう。

  • リップ

    リップは、唇全体に色素をいれるフルリップと、外側から内側にぼかすように色素を入れるリップラインから選択できます。どちらのデザインにするかによって、値段も異なるので注意しましょう。

    施術デザイン 施術回数1回 施術回数2回
    フルリップ 8~9万円 14~15万円
    リップライン 7万円 12万円

    なお、リップに関しては色素が定着しにくい部位であることから、3回の施術プランを用意しているクリニックもあります。個人差があるため、カウンセリング時に相談してみましょう。

  • ヘアライン

    髪の毛の生え際に色素を入れて自然な毛を描くのがヘアラインです。おでこの範囲を狭くすることで小顔効果が期待できます。

    ただし、ヘアラインの施術を行っているクリニックは眉毛やアイライン、リップと比べて少ないのが現状です。

    費用は10万円以上かかるクリニックがほとんどとなっており、範囲が広くなると比例して値段も上がっていくため、予算に合わせてカウンセリング時に相談してみましょう。

値段だけではない医療アートメイククリニックの選び方

医療アートメイクは、値段ばかりを気にしてしまう方もいるかもしれません。しかし、失敗やトラブルを防ぐには、値段だけでクリニックを選ぶのは危険です。

これからクリニックを選ぶ方は、以下の6点にも注目してみましょう。

  • 医師が常駐しているクリニック

    冒頭でもお伝えしたとおり、医療アートメイクは医師法17条に該当する医療行為です。また、看護師であっても医師の指示のもと施術を行わなければなりません。クリニックを選ぶ際は、医師が常駐しているかを必ず確認しましょう。

    公式サイトやSNSには、在籍している医師や看護師の顏写真や経歴などが記載されているケースも多くあります。さらに、卒業したアートメイクスクールが分かればどのようなカリキュラムに取り組んできたのか確認してみるのも良いでしょう。

  • 症例や実績などが豊富にある

    公式サイトやSNSを確認すると、今までの症例や実績を確認できます。特に、症例数が多いクリニックや施術者は、多くの経験を積んできたという証拠です。これらを確認することで、そのクリニックの施術者の技術力なども想像できるでしょう。

    また、掲載されている症例を見ると眉毛やアイラインなどの仕上がりも確認できるので、理想のアートメイクを施してもらえるかイメージしやすくなります。

  • カウンセリングが丁寧

    施術前のカウンセリングが丁寧なクリニックだと、希望や理想のイメージを施術者と共有しやすくなります。アートメイクは、1度色素を入れると簡単に消せません。
    イメージ通りに施術してもらうためも、丁寧にカウンセリングしてくれるクリニックを選びましょう。

  • アフターケアが充実している

    アートメイクの施術後は、腫れや痛み、かゆみなどを感じる方が多くいます。また、色素がしっかり定着しておらず取れてしまうケースも少なからずあるため、アフターケアが充実しているクリニックだと安心です。

    自宅でケアできるようにワセリンの処方をしてくれたりケア方法を教えてくれたりなど、しっかりとフォロー体制が整っているクリニックを選びましょう。

    また、色素が抜けてきたときに行うリタッチ料金が設けられているクリニックもおすすめです。通常よりも安い値段で施術できるため、最初に確認しておきましょう。

  • 口コミの内容も確認してみる

    実際に施術を受けた方の声を聞くためには、口コミを見てみましょう。口コミは、公式サイト以外のところで確認した方がよりリアルな評判が見えてきます。

    あまりにも低い評価や不満の多い口コミが書かれている場合は、避けた方が無難でしょう。

まとめ

医療アートメイクの値段は、クリニックによって異なります。施術を希望している部位の相場よりも大幅に安い値段設定の場合は、思わぬトラブルが起こる恐れがあるため注意しましょう。無資格者による施術やモニター価格、色素や機械の品質に問題があるなど、安い理由があるためです。
また、値段の安さだけではなくクリニック選びは医師が常駐していることや、症例や実績の確認なども忘れずに行いましょう。
後悔のない医療アートメイクを受けるためにも、値段だけに捉われないクリニック選びを心がけてみてくださいね。

IMAA事務局 広報チーム
執筆者
IMAA事務局 広報チーム

本コラムでは、皆さんに役立つ医療アートメイクに関する情報をお届けします。基礎知識から最新のトレンド情報のみならず、医療アートメイクには不可欠な眉デザインの上手な描き方やメイクアップ方法など幅広く発信します。